生活支援コラム

生活保護から抜け出すには

生活保護から抜け出すためには、経済的な自立が必要になります。なのでもっとも重要になるのが定期的な収入を得ることです。
そのためには仕事に就く必要があります。さらにできれば正規雇用の方が経済的な安定度が高いので、より生活保護から抜け出しやすくなります。
なので定期的にハローワークに通い、仕事を見つけることを優先してください。非正規雇用の場合でもフルタイムで働けば、生活保護費以上の収入を得ることは難しくありませんので、フルタイムで働ける仕事を見つけましょう。
しかし生活保護受給者の中には、母子家庭や体調面に問題がある方などフルタイムで働くのが難しい方も多いです。
このような場合でも時間や体力の都合のつく限り、働いた方が良いです。無職の期間が長いと労働の感覚やコミュニケーションの取り方などに問題が出てしまうからです。
そして時間や体力に余裕ができたら、フルタイムでの仕事に就くことで経済的に自立できます。

生活保護を抜け出すには、仕事による安定して生活基盤を築くことが大切です。そのためにはフルタイムで働ける仕事に就く必要があります。
就職活動は精神的にもつらい面がありますが、それを乗り越えることで生活保護からも抜け出すことができます。