生活支援コラム

生活保護を受けてる人は結婚できるのか?

生活保護を受けている場合でも結婚することはできます。そして条件が満たしている場合は、結婚後も生活保護を受け続けることが可能です。

しかし結婚をするということは、それまで単身世帯だったものが、核家族世帯などの複数世帯に変わるものと考えられます。
そうなると世帯収入や世帯の最低生活費も単身世帯とは異なって計上されます。
ですので結婚相手の収入や経済状況によっては生活保護が終了してしまう場合もあります。また結婚相手の親類に扶養できるだけの経済力がある場合も生活保護が受けられなくなると考えられます。

つまり生活保護は個人で受けるのではなく、世帯として受けるものと考えられているということです。ですので結婚して、片方だけが生活保護を受けるということはできなく、世帯として生活保護受給の条件を満たしているかどうかが受けられるかの問題点になるのです。

また生活保護受給者同士が結婚する場合も受給額が一から見直されます。見直された結果、増えることもありますし、場合によっては打ち切りになる場合もあります。