NEW! 2019年3月板橋区東武練馬駅に新規物件オープン!!2020年4月埼玉県草加市の不動産会社と提携!!2020年6月で八王子地区マンションタイプの物件累計10物件オープン!!2020年7月千葉県八千代市の不動産会社と提携!!

生活支援コラム

生活保護を受けると医療費はどうなるのか?

生活保護を受けると国民健康保険の資格を失いますが、そのかわりに医療扶助が受けられます。そのため、持病などがあり、定期的に診療を受ける方などは医療費の全額が医療扶助でまかなわれますので自己負担はありません。

医療扶助を受ける場合には、事前に福祉事務所に申請手続きを行う必要があります。そこで医療の必要性があるかどうかの審査がされ、必要であると判断された場合に医療扶助の給付が受けられます。審査通過後には医療券や調剤券が発行されるので、それを活用することで経済的負担はなく受診できます。

医療扶助が必要になるケースは人によって様々ですが、例えば緊急性があるなどの場合は事前に申請する必要はありません。通常、生活保護を受けている方が医療機関を受診する際には医療券が必要ですが、緊急性のある場合は生活保護の受給証を提示することで医療を受けられます。申請を後回しにすることができますが、後日必ず福祉事務所に申請手続きはしなければならないので頭にいれておくようにしましょう。

このように、持病などがあり生活保護を受けている方は医療扶助があるので医療費の負担はありません。病気やケガなどで思うように働くことができず、生活に困っている方は生活保護制度を利用してみてください。