毎月の生活が経済的に厳しい場合、生活保護を受ける以外にもできることがあります。改善策に取り組むことで現在の厳しい生活から抜け出せるかもしれません。

まず生活が経済的に厳しいというのはどういう状況かというと、生活するのに精一杯なため、娯楽や趣味にお金を使うことができない状況です。
このような状況を改善するためには「収入を増やす」か「支出を減らす」のいずれかになります。しかし収入を即増やすことは非常に難しいため、厳しい生活を改善するためには支出を減らすことが即効性があります。

見直すことで支出を大きく抑えることができるのは月額課金しているものです。
代表的なものには「通信料」「保険」「ローンの返済」「習い事やサービスの会員費」があります。これらの支払い料金を見直すことで毎月の決まった支出を大幅に減らすことができます。

また維持費がとても高額になる自動車の保有も見直してみましょう。通勤に使用するために必要な場合を除けば自動車を保有しなけらばならない理由は特にないはずです。思い切って自動車を手放すことができると年間数十万単位の支出を減らすこともできます。

自分でどの支出を減らせばよいか分からない場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのもおススメします。保険などにも専門的な知識を持っているので良い改善策を提案してくれるはずです。