年初め、初の投稿になります! 年初め話題になったニュースでもありますが、こちらでも紹介させて頂きます。 ”生活保護受給世帯が過去最大”と日本を震わせました。

去年10月の時点で163万2000世帯余りとなり、高齢者世帯の受給が増えたことを背景に、これまでで最も多くなりました。 厚生労働省によりますと、去年10月に生活保護を受けた世帯は163万2321世帯で、前の月より2723世帯増えて、これまでで最も多くなりました。

このように多くなっていったのですが、多くなった層はなんと高齢者ということです。

世帯別では、65歳以上の「高齢者世帯」が80万2492世帯で全体の半数近くを占め、2か月連続で80万世帯を超えました。

このような増加は何が理由かどうか気になりますよね。 厚生労働省からは”「雇用情勢の改善などで働くことのできる世代の減少傾向が続いてる。」”とのことです。厚生労働省は「雇用情勢の改善などで、働くことのできる世代を含む『その他の世帯』などでは減少傾向が続いているが、年金だけでは生活できない高齢者の単身世帯は今後も増加するとみられる」と分析しています。