生活保護を受け取るためには複数の条件があります。それは一体どのようなものなのでしょうか。

この記事では、生活保護を受け取る上で満たすべき条件や受け取る方法などについて解説しています。

受け取る上での条件がどのようなものなのか知りたい方や、どのように受け取るのかわからない方は、ぜひ今回の記事を最後まで読んでみてください。

生活保護を受け取るための条件

生活保護を受け取るための条件は、4つ挙げられます。

それぞれどのようなものなのか、1つずつ見ていきましょう。

条件1.居住地域が設けている最低生活費よりも収入が少ない

住んでいる地域が設定している最低生活費よりも収入が少ない場合は、受け取ることが可能です。

最低生活費に関しては地域によって異なっているため、申請前にチェックしておきましょう。

もし最低生活費よりも稼いでいるのであれば、申請しても開始決定されません。

この際の収入というのは、仕事で得られる収入だけではありません。

年金や仕送り、失業保険などによるお金も含まれます。

それらをまとめて最低生活費よりも少ないのであれば、申請する上での条件をクリアしています。

条件2.生活の維持で使える資産を所持していない

生活の維持で使える資産を持っているか否かも判断基準です。

もし不動産や車などの資産を持っている場合には、生活保護を申請する前にそれらを利用しなければなりません。

一方で例外も存在します。

例えば住んでいる家は、売り払うと住む場所がなくなるため、例外対象になる可能性があります。

ただし、別荘といった日頃住んでいない持ち家は利用可能な資産となるため、例外対象となりません。

条件3.親族や家族からの支援が見込めない

親族や家族からの支援が可能であれば、原則、生活保護の対象となりませんが、

現に働いていても、収入または資産が最低生活費を下回っていれば保護申請は可能です。
やむを得ない事情によって働けない場合や、病気や怪我などで働きたくても働けないことも条件の1つであり、
その中には赤ちゃんを育てているシングルマザーや家族や親族を介護している人なども含まれます。

ただし、怪我が治ったり子供が手を離れるようになったりして働けるようになった場合は、対象外となるため、注意が必要です。

もし何も該当していなければ、受け取れる金額が少なくなったり、受給を止められたりします。

悪質な場合であれば、詐欺罪で逮捕される可能性もあります。

条件4.国の融資制度や年金などの利用が不可能

生活保護というのは、最低限の生活を維持するために、可能な限り資産や制度を活用した上で、最終的に利用できるものです。

そのため、国が用意している融資制度や年金などが利用できる状態は対象外です。

融資制度や扶助制度に関しては、さまざまあります。

主なものは、求職者支援資金融資や母子父子寡婦福祉資金、住居確保給付金などです。

生活保護の申請は難しい

生活保護は条件を満たせば申請できますが、申請が通らない場合もあります。

なぜ申請が難しいのか?

生活保護の申請が難しい理由は、申請をする際に、申請者が申請に至るまでの説明がうまくできなかったり、知識不足などで申請がうまくできない場合があります。

特に単身の場合はどのような点に注意すればよいのかわからない場合もあるため、基本的には詳しい人や団体に相談するのが良いでしょう。

リライフネットに相談するのがおすすめ

上記で述べたように単身での申請は場合によっては難しい場合もあり、不安な場合はリライフネットに相談するのがおすすめです。

リライフネットでは申請のサポートをしてくれるだけではなく、家探しもしてくれます。

そのため、生活保護以外に住む家に関する悩みを抱えている方も支援してくれます。

もし気になるのであれば、一度リライフネットへ問い合わせてみましょう。

生活保護受給者は家探しも大変

生活保護の申請だけではなく、家探しも大変になります。

理由は複数ありますが、大家が支払いが滞ることを心配するといったことが挙げられます。

ただ、生活保護受給者がゆえにどんな家でも住めないということはありません。

リライフネットのように生活困窮者の家探しをサポートしてくれるところもあります。

また、大手の不動産仲介業者なら生活保護受給者であっても、家を紹介してもらいやすいです。

好きな方法で生活保護費を受け取ろう

生活保護は条件を満たして申請が通れば、お金を受け取れます。

受け取り方は2種類あるため、好きな方法で受け取りましょう。

ただし、申請がうまくいかなかったり、悩んでしまうことも多いので、その準備や相談、手助けを得ながら進めていくことをおすすめします。

特に単身の場合は、リライフネットといった外部の力に頼るのが良いでしょう。