「生活保護を受けたいけど借金を抱えている」このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。結論としては借金をしていても生活保護を受けることは可能です。しかし、注意点などもありますので、今回は借金と生活保護の問題について詳しく解説していきます。

まず、そもそも生活保護を受けられるかどうかについては、借金の有無に関係なく条件を満たしているかがポイントです。

次に借金がある場合の注意点ですが、基本的に生活保護費を借金返済のために使うことはできません。あくまでも生活のために必要なお金なので、返済のために受給したい場合は認められないのが現状です。

このように、極力借金はない状態の方がいいのですが、必ずしも先に債務整理をしなければ申請できないわけではありません。人それぞれ負債額なども異なりますので、生活保護を受けたい方はまず申請することをおすすめします。

申請後、調査をしていくうえで「借金の問題を解決してください」と指摘を受けた場合、法テラスなどで相談しながら債務整理や自己破産の手続きを行いましょう。

債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に相談しても対応してくれますし、手続きに沿って個人で行うこともできます。